7月8日からスタートしたドラマ「ウチの夫は仕事ができない」1話の感想をまとめていこうと思います。

えっと、とりあえず感じたのは「司が仕事ができないとは思わなかった」ってのが一番ですかね(笑)

ブラック企業に勤めていた筆者の視点でお送りします。

「ウチの夫は仕事ができない」1話から動画を無料で視聴する方法まとめ

ウチの夫は仕事ができない1話感想

アフロのできる司さん

アフロの「できる方の司さん」が早速「できない司さん」をボコボコに罵倒するのですが、完全に怒る相手を間違っててかわいそうでしたね(笑)

怒った理由としては、社報の冊子に「期待の新人」として主人公・小林司が超できる社員として記載されていたわけですが…同姓同名の写真に主人公の司さんの写真が間違って載ってしまったから…

けど、それって悪いのどう考えても「写真を間違えた人」でしょ!

明らかに怒る対象が間違ってるんだよなー…

どう考えても、「司さんよりできない社員」がそこにいる。


<みんなの声>
社報の誤植については広報が悪いので司さん悪くないからアフロは言うとこ間違ってんぞ\( `o´ )/
あのアフロ許さねぇ
(※ドラマ)

ただのブラック企業じゃねーか!

チラシのデザインが完成したあと、デザイナーは危篤のばあちゃんのもとへ向かいます。

そして司に一本の電話が…

「先方からデザインのイメージを変えたいと連絡が!」

この時、司はデザイナーさんを呼び戻すわけにもいかなくて会社に向かって怒られるわけです。

「お前、連絡したときに言えよ!」

と。

確かに、これには一理あります。

すぐに折り返してでも連絡するべきだったところです。

しかし、「デザインのイメージを変える」ということを納期の直前で言ってくるクライアントにまず問題がありますよね。

で、私もブラック企業で経験してきたことなので、実際にこういった「無理難題」ってのは容赦なく降りかかってくるんです。

「五円玉にビー玉を通してみせろ」みたいな要望をクライアントからもらうことがあるんですよね。

ここは、自社の窓口の時点で「クライアントの要望を断る」か「新たな納期と追加の費用をもらう」のが正しい対応だと思いました。

だって、相手の不手際で「人間が動いた時間」がかかっているんですから…

そこを「要望にしっかり答えるのがプロ」とか言ってるとそりゃブラック企業が多くなるわけですよ(笑)

司さんは、あそこまでしっかりデザイナーとコミュニケーションをとって、直近の仕事を時間通りにやり終えた…そこは評価すべき。

普通に司さんみたいな社員欲しいですよ!

あと、社員の人たち、司さんを責めすぎ(笑)

仕事がきつい部署はいいけど、あんなボコボコに言われる部署は嫌だなぁ…

うん、今回の失敗は司さんももちろん悪かったけど、トータルで見てブラック企業だなって感じました。


<みんなの声>
確かに報告しなかった、遅いのはダメ。
私も過去には自己判断でよく怒られたなあ(^_^; 自分よりも経験長い人やできる人もいるんだから、仕事に関しては困ったり悩んだらとにかく誰かに相談や報告したほうがいいんだよねー。

松岡茉優が可愛すぎる

もうドラマの内容はどうでもいい。

松岡茉優が可愛い。

それだけで見る価値があった。


<みんなの声>
松岡茉優ちゃん、やっぱり可愛い~
好きだな( ु ›ω‹ ) ु♡

心がホッコリしたー!
面白かった!!
松岡茉優可愛すぎ!森の妖精さん(*´▽`*)
この夫婦見ててほっこりする…。
理想を押しつけない…自分を偽らない…何でも話し合える。これが簡単なようで難しいんだろうな。
司さん仕事踏ん張ってほしい!
早く続きが見たい!!


以上、「ウチの夫は仕事ができない1話の感想・司の会社がブラック企業だった件」でした!

「ウチの夫は仕事ができない」1話から動画を無料で視聴する方法まとめ